ご挨拶[準備中]

一人一人が持っている叡智や技、

出会いから生まれる知恵や業からつながる縁を

「知縁」と名付けました。

そんな「知縁」と「地縁」が出会う場所、“築山の家”。

+++

社会が一人一人の“暮らし”からできているなら、

一人一人の暮らしがキラキラ輝くことで、

家庭は、地域は、社会はどんなに輝くのだろう。

+++

「一人一人の“暮らし”のデザインが、地域を、社会をデザインする」

から、築山の家は始めたいと考えます。

暮らしをデザインすることは、

ヒト、モノ、コト、シクミの関係をデザインするということ。

わたしのことであり、私たちの子供にも繋がる未来づくりのデザイン。

既にあったもの、あるものの関係をちょっと変えることで、

生きやすさ、働きやすさ、暮らしやすさは生まれるのではないでしょうか。

昭和の香る縁側を、

そんな暮らしの実験場として始めてみたいと思うのです。

あらゆる「ヒト・モノ・コト」も、

「出会う」ことから、始まる、繋がる、生まれる。

“暮らしのデザイン”から、ご縁から、
“始まる”“繋がる”“生まれる”場になることを祈って、

「築山の家」を開きます。